TOP MESSAGE

代表メッセージ

第一東京弁護士会 所属
弁護士

馬場 龍行

1人ではできないことを、
みんなでやっていきたい

Tatsuyuki Umaba

imgimg

以前私が7年以上勤めていた弁護士法人は、私に多くの刺激と経験と成長を与えてくれ、待遇も十二分なものだったのですが、更に「精一杯、今を生きる」ため退職する決断をしました。その流れの中で、紆余曲折を経て弁護士法人エースの立ち上げに参画することとなったのですが、その中で仲間たちと話し合ったことは、要するに最高の弁護士法人を作ろうということでした。自分にとって、仲間にとって、依頼者にとっての最高は全て両立する、むしろシナジー関係にあるという確信があります。

imgimg

エースに込められた、「始まり」、「最高」、「切り札」という意味を体現する弁護士法人でありたいと想っています。私は、どちらかといえば、ここぞというときに依頼者の期待を大きく超えることを目指すのではなく、毎回確実に少し超えてくる結果を得られる弁護士でありたいと考えています。こいつに任せておけば何とかしてくれると思ってもらえる、頼りになるエースというのはそういう存在ではないでしょうか。
これは、エースメンバーに対しても同様で、弁護士として、経営者として、ホームランでなくアベレージヒットを積み重ねていく意識を持って います。そういう意味では、自分自身が弁護士法人エースの中のエースであるというよりは、弁護士法人エースのエースたちが活躍できる場を整えることが自分に求められる役割でないかと感じています。

エースで働くことに興味を持ってくれた方へ

弁護士法人エースは、メンバーである弁護士とパラリーガル(事務局)全員に、本業である法律事務だけではなく、経営に関しても全力で参画することを求めます。
法律事務だけでも大変そうなのに、経営に参画ってそんなことできるのかなと思う人もいるかもしれませんが、心配ありません。
エースの特徴の一つとして、1チーム(原則として1支店)の規模を大きくしすぎないという約束事があります。これは、チームのメンバー全員がお互いのことをよく知り深く話し合って物事を決めていくためです。なので、経営といっても構えることなく「どうすればチームが良くなるだろう」ということを考えて、意見を発信し、疑問があれば質問し、違うと思えば素直にいい、自分で動いていくことができれば、それがどんな小さなテーマについてであっても経営だと言えます。身近なところから始めていき、自分を含めたメンバー全員の幸福量を増やしていくことこそが経営の本質です。やってみれば、きっと面白いと感じてもらえると思います。
弁護士業は、やろうと思えば1人でもやれる仕事です。でも、私たちは、仲間を集めることにしました。それは、1人ではできないことを、みんなんでやりたいと思ったからです。
ただ法律事務がやりたいというだけじゃなく、多くの時間を過ごすことになる職場での人間関係が充実して幸せなものになることにもチャレンジしていきたいと少しでも思ったなら、遠慮なくエースの門を叩いてください。
ここまで読んでくれた、あなたからの応募をお待ちしております!

【経歴】
東京都立大学法学部卒業(2006)
名古屋大学法科大学院修了(2009)
弁護士登録(2010)
第一東京弁護士会
法教育委員会 委員
国際交流委員会 委員
【著書】
Q&A 新しい集団訴訟(共著)(日本加除出版)
交通事故和解例集(共著)(第一法規)
必携 実務家のための法律相談ハンドブック(共著)(新日本法規出版)
【趣味】
将棋、カラオケ、スイーツ巡り、アップル製品を揃える

ENTRY

人生のあらゆる場面の切り札になる。
そんなエースを求めています。

ACE RECRUIT 2019
PAGE TOP